鍵修理を行なった後はメンテナンスに力を入れよう

間違った対処法をしてしまうと状況を余計に悪化させることに 間違った対処法をしてしまうと状況を余計に悪化させることに

経年劣化した鍵は交換を行いましょう

ホコリが溜まると、鍵が入りにくくなってしまいます。ですから、掃除をすれば直ることが多いです。しかし、もしメンテナンスをしても直らないのであれば、他のことが原因となっている可能性が高いです。ここでは、鍵が変形する原因などを紹介していきます。

鍵の変形について

鍵は頑丈とはいえ、無理な使い方をすると変形する恐れがあります。ですから、扱いには気をつけなければいけません。

どうしてメンテナンスをしているのに変形してしまうのですか?
鍵は金属製です。ですから、そう簡単には堅くて曲がらないと考えるのも無理はありません。鍵は真鍮という金属でできています。この真鍮は金属の中でも、比較的に柔らかいものとしてしられているのです。ですから、ちょっと強めな力を加えるだけでも変形してしまうことがあります。また、鍵を踏んでしまうだけでも曲がることがあります。
少しの歪みなら自分で鍵修理できますか?
鍵穴はとても精密に作られています。ですから、鍵が少し曲がってしまった時点で、新しい合鍵を作ってもらった方が良いでしょう。もし、曲がったままの鍵を使用し続ければ、いつか必ずトラブルが発生します。それに、シリンダーにも良くないのです。合鍵を作る際は、鍵やシリンダーに刻まれた刻印の番号を見てから、注文するようにしましょう。

鍵交換の目安

鍵

鍵にも寿命が存在します。大抵は、10年経過したら寿命が訪れるとされているのです。ですから、どれだけメンテナンスを頑張って行っていたとしても、いずれは交換しなければなりません。しかし、一つの鍵で10年も使えれば問題ないといえるでしょう。もし70年生きるとしてたら、人生でたった7回鍵交換をするだけで良いという計算になります。

TOPボタン